上に悪む所、以って下を使うことなかれ|中国古典 名言に学ぶ

上に悪む所、以って下を使うことなかれ

上に悪む所、以って下を使うことなかれ

第二章

自己を高める


かみにくところってしもを使うことなかれ

ー所悪於上、毋以使下ー   大学 伝十章
(大学:一巻。もと「礼記」中の一篇であったが、宋代以降、単行本として独立し、
朱熹がこれを四書の一としたことから、特に広く読まれるようになった。)

{原文}
所惡於上、毋以使下。
所惡於下、毋以事上。
所惡於前、毋以先後。
所惡於後、毋以從前。
所惡於右、毋以交於左。
所惡於左、毋以交於右。
此之謂絜矩之道。

{書き下し文}
かみにくところってしもを使うなかれ。
下に悪む所、以って上につかうるなかれ。
前に悪む所、以ってうしろに先んずるなかれ。
後に悪む所、以って前に従うなかれ。
右に悪む所、以って左に交わるなかれ。
左に悪む所、以って右に交わるなかれ。
これをこれ絜矩けっくの道とう。

絜矩けっくの道:自分の心を尺度として、人の心を知る道徳上の道。思いやり。

上に悪む所、以って下を使うことなかれ

上に悪む所、以って下を使うことなかれ

{意解}
上司の態度に接して、いやだなと思ったら自分が部下を使う場合、
同じ事をしてはならない。
部下の態度に気に食わぬ点があれば、
自分が上司に仕える場合同じような態度で仕えてはならない。
先輩のやり方をみていやだなと思えば、後輩に同じやり方で臨んではならぬ。
大学はこれを絜矩けっくの道と呼んでいる。

職場ではどんな立派な上司でも、 一つ、二つの欠点は持っている。
並の上司なら、欠点だらけに見え、
「あんな人がどうして・・・」 という気持ちになるかもしれない。
それがここに言う「上に悪む所」である。  
その時の気持ちを忘れずに、 自分が上司の立場に立った時に
同じつてを踏まぬように 心しなければならない。
それが 「以って下を使うことなかれ」である。

ふつうは、自分が部下であった時の、 上司に対して抱いた不満など忘れ、
その時の上司と同じような態度で 部下に接している場合が多い。

 長所は学び、見習うべきではあるが
前事忘れざるは後事の師」 (史記 秦始皇本紀 賛)
孔子の信条とする「じょ」、 「己の欲せざる所は人にほどこなか」(論語 衛霊公第十五の二十四)
心に刻んでおきたい一文である。

「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください