小人の過つや必ず文る|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第二章

 


小人しょうじんあやまつやかならかざ

 

ー小人之過也必文ー   論語 子張 第十九
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
子夏曰、
小人之過也必文。

 

{書き下し文}
子夏しかわく、
小人のあやまつや必ずかざる。
 


 

{意解}
「小人は、失敗をやらかすと、取りつくろうことばかり考える」
孔子の弟子十哲のひとり、子夏しかの語った言葉である。
かざる」ことがなぜまずいのか。    

第一に、どうしてこんな失敗をやらかしたのか、
その原因を究明しようとする姿勢にかけるので、
二回、三回と同じ失敗を繰り返す恐れがあること。  

第二に、失敗したことに対する反省がないので、
人間としての進歩も向上も期待できないことだ。  

君子にも失敗はあるが、 かりに失敗をおかしても、
気づいたら即座に改め、常に反省を怠らない。
だから、同じ失敗を繰り返さないのだという。

孔子の弟子の曾子そうしは 「われ、日に三度吾が身をかえりみる」と語っている。


参考資料:

孔門十哲
*徳行  顔淵 | 閔子騫 | 冉伯牛 | 仲弓
*言語  宰我 | 子貢
*政事  冉有 | 季路
*文学  子游 | 子夏

四配 孟子、顔淵、曾参(曾子)、子思
 

子夏は 文学(学問のこと)に優れていて、 後、魏文公の儒となり、
孔子以降の経書の多くについて 子夏の貢献度は大、とされる。
単なる儒家というより、
中国古代哲学の多くの側面に足跡を残したのが子夏である。

{原文}
子夏曰、
賢賢易色、

事父母能竭其力、
事君能致其身、
与朋友交、
言而有信、
雖曰未学、
吾必謂之学矣。
 
{書き下し文}
子夏曰く、
賢を賢として色にえ、

父母につかえては能く其の力をつくし、
君に事えてくその身をいたし、
朋友ほうゆうと交わるに言いて信あらば、
未だ学ばずとうといえども、
われは必ずこれを学びたりとわん。
 
{意解}
子夏は語る。
「本能的に異性にかれるように、賢人は賢人としてうやまい、 
親孝行をするときは全力で行い(考)、
君子に仕えるときはその身をもって尽くし(忠)、
友人と会うときは、口にしたことを裏切らないようにする(信)。
このような事ができる人が
『まだ学問をおさめていないので自分は賢人ではない』と
言うかもしれないが
私はこの人のことを立派な賢人として接するでしょう。」

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください