free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第二章

 


君子くんし豹変ひょうへん

 

ー君子豹変ー   易経 革卦 象伝
(易経:「易」または「周易」ともいう。五経の一つ。卜筮(ぼくぜい)の法によって、倫理道徳を説いたもの。上下の「経」と、その注釈篇である。
「十翼」からなり、十翼は孔子の編と伝えられている。)

 

{原文}
象曰。
君子豹変
其文蔚也。
小人革面。
順以従君也。

 

{書き下し文}
しょういわく、
君子は豹変ひょうへんすとは、
その文蔚ぶんうつたるなり。
小人はめんあらたむ。
順にしてもって君にしたがうなり。
 


 

{意解} 
君子は時の変わるに応じて自分の誤りはきっぱり改め、
豹の毛皮が秋に一変し、紋様が移り変わるようにする。
小人はそういうときは、表面的に態度を改め、
君子の言うとおりに従えばよい。」という意味である。

豹皮ひょうひは、現在色々な品物に応用されるほど 美しい模様である。
そういう美しい方向へ変化する事が 「豹変ひょうへん」である。  
今までの自分から脱皮だっぴして 新しい自分を作り上げる、
進歩向上することと言ってよい。  

 時の流れと共に、時代も変化する、
変化についていくには、 常に自分を向上、リフレッシュさせ、
より革新的な創造を心がけなければならない。  

 これが本来の「君子豹変くんしひょうへん」である。
しかし、現代では良くない意味で用いられている。

たとえば、初めは「賛同さんどう」しておきながら 何かの裏事情で、
態度を変え一転して「反対」 に変える。
現在ではこれを「豹変ひょうへん」として使っている。  

やはり、良い進歩での「豹変ひょうへん」にしたいものである。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,154 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析