言は行を顧み、行は言を顧む|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第二章

 


げんこうかえりみ、こうげんかえり

ー言顧行、行顧言ー   中庸 第十三章
(中庸:もと「礼記」中の一篇であったが、後に四書の一つに数えられた。
孔子の孫の子思の撰と伝えられている。)

{原文}

庸徳之行、庸言之謹、
有所不足、不敢不勉、
有余不敢尽、
言顧行、行顧言。
君子胡不造造爾。

{書き下し文}
庸徳ようとくをこれおこない、庸言ようげんをこれつつしみ、
らざるところあれば、えてつとめずんばあらず。
余りあれば敢えて尽くさず。
げんこうかえりみ、こうげんかえりむ。
君子なん造造爾ぞうぞうじたらざらん。

庸徳ようとく:平凡な日常の徳
庸言ようげん:日頃の発言

{意解} 
君子とは日常的な徳を実践して、日常的な言葉を謹み、
徳に及ばない所があれば、それを補おうとして必ず努力するものである。
言葉が過剰であれば、ブレーキかけ敢えて言い尽くさない、
言葉は自分の行いを振り返ってから話し、行動は自分の言葉を振り返ってから行う。
そのような君子がどうして篤実とくじつ誠実せいじつではないなどと言えるだろうか。と訳せる。

篤実とくじつ:情があつく誠実なこと
誠実せいじつ:まじめで、真心があること

 「言は行を顧み」とは  何かを発言するときは、
自分の行動がそれに伴っているかどうかを考える。
そうすれば、発言に慎重さ、且つブレーキもかかるのだという。

「行は言を顧む」は 何か行動を起こすときは 自分の発言を思い出す。

そうすれば、発言に比べて行動不足ではないか等 を反省し
もっと努力するようになる。  

言行一致
言うことと、行うことを一致させることは 非常に難しく、

往々にして、言うことが先走って 行動が伴わないからである。  

 親が子に、あれはダメ、こうしなさい、 と口うるさく言う姿を目にする。が
「じゃ、お母さん(お父さん)はどうなの!?」 と切り返された時に、
一言もないようでは説得力がない。  

 人は誰でも、言行一致であることが望ましい。
そのために「言は行を顧む」が必要なのだろう。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください