君子は義に喩り、小人は利に喩る| 中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第⼆章

 

君⼦くんしさとり、小人しょうじんさと

ー君⼦喩於義、⼩⼈喩於利ー   論語 ⾥仁 第四 ⼗六章
(論語:⼗巻⼆⼗編。孔⼦や孔⼦の⾨弟の⾔⾏を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の⼀つ。)

{原⽂}
⼦⽈、
君⼦喩於義、
⼩⼈喩於利。

{書き下し⽂}
⼦⽈しいわく、
君子はさとり、
小人はさとる。

 

{意解}

君⼦は真っ先にを考える、 ⼩⼈は真っ先にを考える。
という意味である。

」は、五常ごじょうじんれいしん)のひとつである。
正しい⾏いを守ることであり、道理にかなっていること。

孟⼦は羞悪しゅうおの⼼が「義」の端であると説いた(性善説)。
羞悪の⼼とは、悪をじる⼼のことである。
「利」は、⼈間の欲望である。 孔⼦は滅多に利を⼝にしなかったが、
どうしても必要な場合には、
コントロールする「めい」と「じん」とをあわせて説くのが常であったという。

また、孔⼦は完成された⼈間の⼀つの条件に
「⽬の前に利益がぶら下がっていてもを踏み外さない」
利益を追求するにしても、
公正なルール「命と仁」を守って⾏うことを説いている。

めい:天が⼈間に与えた⽣死禍福などの運命
じん:善なる徳

*「中国古典⼀⽇⼀⾔」守屋洋(著)をもとに、
⾃分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、⽇々、何をするにしても
⼤なり⼩なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴⽅も私も 在りたいですね。

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください