懐と安は実に名を敗る|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第二章


かいあんは、じつやぶ

ー懷與安,實敗名ー   春秋左氏伝 僖公二十三年
(左伝:三十巻。「春秋左子伝」の略。魯の左丘明の選と伝えられている。
「春秋」の注釈書で「左氏伝」とも言う。十三経の一つ。)

{原文}
懷與安,
實敗名。

{書き下し文}
かいあんは、
じつやぶる。

 

{意解}
かい」は楽をしたいと思う心、 「あん」は安逸あんいつむさぼること。
 漫然とテレビやゲーム、娯楽で
ダラダラと毎日を過ごしているようでは
いい仕事はできないと諭している名言です。  
 
 春秋時代の覇者の一人に 晋の文光ぶんこうという人物がいる。
後継者争いに巻き込まれて国外に逃れ、
十九年の長い亡命生活の末に、
帰国して王位についた 忍耐強い人物である。  
 斉国に亡命中、 長い亡命生活に疲れ、
やる気をなくし 安楽な生活に溺れていた時、
見かねた夫人が、夫の公文をいさめた言葉の中に出てくる。
  
 この言葉を聞き、 自戒じかいし、
あらためる度量どりょうを 持ち合わせていたということである。

苦衷くちゅうの苦を受けざれば、人の上の人たること難し
君子たる一つの条件をつちかった時期なのだろう。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください