free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第二章

 


かいあんは、じつやぶ

 

ー懷與安,實敗名ー   春秋左氏伝 僖公二十三年
(左伝:三十巻。「春秋左子伝」の略。魯の左丘明の選と伝えられている。
「春秋」の注釈書で「左氏伝」とも言う。十三経の一つ。)

 

{原文}
懷與安,
實敗名。

 

{書き下し文}
かいあんは、
じつやぶる。
 


 

{意解}
かい」は楽をしたいと思う心、 「あん」は安逸あんいつむさぼること。
 漫然とテレビやゲーム、娯楽で
ダラダラと毎日を過ごしているようでは
いい仕事はできないということだ。  
 
 春秋時代の覇者の一人に 晋の文光ぶんこうという人物がいる。
後継者争いに巻き込まれて国外に逃れ、
十九年の長い亡命生活の末に、
帰国して王位についた 忍耐強い人物である。  
 斉国に亡命中、 長い亡命生活に疲れ、
やる気をなくし 安楽な生活に溺れていた時、
見かねた夫人が、夫の公文をいさめた言葉の中に出てくる。
  
 この言葉を聞き、 自戒じかいし、
あらためる度量どりょうを 持ち合わせていたということである。

苦衷くちゅうの苦を受けざれば、人の上の人たること難し
君子たる一つの条件をつちかった時期なのだろう。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,154 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析