Blog

 

第二章

 

つみ冥々めいめいることなかれ

 

ー無得罪於冥冥ー  菜根譚 前集 48項
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

 

 原文:
肝受病、則目不能視。
腎受病、則耳不能聴。
病受於人所不見、
必発於人所共見。
故君子、
欲無得罪於昭昭、
無得罪於冥冥

 

書き下し文:
肝、病を受くれば、目、視ることあたわず。
腎、病を受くれば、耳、聴くことあたわず。
病いは人の見えざるところにて受けて、
必ず人のともに見えるところに発す。
ゆえに君子は、
罪を昭々しょうしょうに得ることなきを欲せば、
まず罪を冥々めいめいに得ることなかれ。

 
昭々しょうしょう:すみずみまであきらかなさま
冥々めいめい:はっきりと形をとって表れないうち
 


 

意解:
肝臓が病むと、目は見えなくなり、
腎臓が病むと、耳は聞こえなくなる。
このように病は人に見えない内部に起こって、
やがて必ず誰にも見える外部に現れる。
だから、
人前で罪を得たくないならば
先ずは人から見えないところでも
罪を犯してはいけないといっている。

 
誰にも知られていないと思っていても、
天知る、地知る、我知る、子知る(四知)である。

 

*参考資料:菜根譚の全文紹介(漢文、ひらがな読みの文章、現代の訳)より
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 63,865 アクセス

最近の投稿

アクセス解析