可を見て進み、難を知りて退く|中国古典 名言に学ぶ

可を見て進み、難を知りて退く

可を見て進み、難を知りて退く

第六章

成功の心得

可かを見て進み、難かたきを知りて退しりぞく

ー見可而進、知難而退ー    呉子 料敵第二
(呉子:一巻。撰者は不明。「孫子」とならぶ兵法書。)

{原文}
有不占而避之者六。
一曰、土地廣大、人民富衆。
二曰、上愛其下、惠施流布。
三曰、賞信刑察、發必得時。
四曰、陳功居列、任賢使能。
五曰、師徒之衆、兵甲之精。
六曰、四鄰之助、大國之援。
凡此不如敵人、避之勿疑。
所謂見可而進、知難而退也。

{書き下し分}
占うらなわずしてこれを避さくるもの六つあり。
一に曰く、土地広大にして人民富衆なる。
二に曰く、上その下を愛して恵施流布けいしるふせる。

三に曰く、賞しょうは信しん、刑けいは察さつ、発はつすること必ず時を得えたる。
四に曰く、功こうを陳のべ列れつに居おり、賢けんを任にんじ能のうを使つかえる。
五に曰く、師徒しとこれ衆おおくして兵甲へいこうの精せいなる。
六に曰く、四鄰しりんの助け、大国の援たすけある。
およそこれ敵人に如しかずんば、これを避さけて疑うたがうことなかれ。
いわゆる可かなるを見て進み、難かたきを知りて退しりぞくなり。

*WEB漢文大系:呉子 料敵第二 より引用

可を見て進み、難を知りて退く

可を見て進み、難を知りて退く

{意解}
「呉子ごし」は「孫呉そんごの兵法」と伝えられるように、
「孫子そんし」と並ぶ兵法書の古典である。

これは「呉子 料敵第二」の一文です。
占うまでも無く、
この六つの条件を備えた国とは戦は避けるべきであるという。

一 領土が広大で、国民が富んでいる。
二 上の者が下の者を愛いとしみ、恩恵おんけいが行き届いている。
三 信賞必罰しんしょうひつばつが時宜じぎを得えている。
四 賢者が任用され、有能な者が登用されている。
五 軍勢は多く、精鋭な武具が備えられている。
六 隣国に助けられ、大国の支援しえんを得ている。

 この条件を備えている国と自国情勢を比較して
「有利ゆうりと見たら進み、不利ふりと見たら退しりぞく」
ということである。

 平凡な思考ではあるが、このような合理的且かつ柔軟な思考を
得意としている人は少ないだろう。

勝算も無いのに闇雲やみくもに突き進むことが勇気があるとみなしたり、
撤退することを臆病と罵ののしったりする人々はたしかにいる。

 しかし、「可かなるを見て進み、難かたきを知りて退しりぞく」ことを
知っている人こそ、

じつは勇気を持ち合わせている人物なのだろう。

そして如何いかなる時も冷静、沈着な判断力が
必要とされることを心に留めておきたい。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。ご興味がございましたら、覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 成功の心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。