小利を見れば、則ち大事成らず|中国古典 名言に学ぶ

小利を見れば、則ち大事成らず

小利を見れば、則ち大事成らず

第六章

小利しょうりを見れば、すなわ大事成だいじならず

ー見小利則大事不成ー    論語 子路第十三
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

{原文}
子夏爲莒父宰。
問政。

子曰。無欲速。
無見小利。
欲速則不達。
見小利則大事不成。

{書き下し分}
子夏しか莒父きょほさいり、
まつりごとう。

子曰しいわく、すみやかならんとほっすることかれ。
小利しょうりを見ることかれ。
すみやかならんとほっせば、すなわたつせず。
小利しょうりを見れば、すなわ大事成だいじならず。

小利を見れば、則ち大事成らず

小利を見れば、則ち大事成らず




{意解}
孔子の弟子の子夏しか莒父きょほという町の長官に任命された時、
政治の取り組み方について孔子に助言を求めた。
孔子は次のように答えている。
すみやかなることをほっするなかれ。小利しょうりを見るなかれ。
すみやかならんとほっすれば、すなわたっせず。
小利しょうりを見れば、すなわ大事成だいじならず。」
訳せば、
「あせらないこと、そして小利に惑わされぬことだ。あせると失敗するし、
小利に惑わされると大きな仕事をやりげることができない」と。

この助言は、政治だけでなく、どんな仕事についてもあてはまる。
短期ではなく長期的な目標をたて、それに向かって着実に一歩ずつ前進する。
そうすれば、焦ることもなく、小利に惑わされることもないだろう。凡庸ぼんような助言だが、的をはずさないのが孔子である。

列子 湯問編に「愚公、山を移す」とある。この「愚公、山を移す」の寓話が言わんとするところは、
1.長期的な視野
2.ユックリズム
の二つである。愚公のように、長期的な展望の上に立って、焦らず、慌てず、着実な前進を心がけることが、結局は成功の近道なのかもしれない。

凡庸ぼんよう:平凡なこと

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 成功の心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください