算多きは勝ち、算少なきは勝たず|中国古典 名言に学ぶ

算多きは勝ち、算少なきは勝たず

算多きは勝ち、算少なきは勝たず

第四章

さん多きは勝ち、さん少なきは勝たず

ー多算勝、少算不勝ー  孫子 第一篇 始計
(孫子:一巻。春秋末期の呉の孫武の撰した兵法書。)

{原文}
攻其無備、出其不意。
此兵家之勢、不可先伝也。
夫未戦而廟算勝者、得算多也。
未戦而廟算不勝者、得算少也。
多算勝、少算不勝。 而況於無算乎。
吾以此観之、勝負見矣。

{書き下し文}
その無備むびめ、その不意ふいづ。 
れ兵家の勢、先にはつたうべからざるなり。
いまだ戦はずして、廟算びょうさんして勝つ者は、算を得ること多ければなり。
未だ戦わずして、廟算するに勝たざる者は、算を得ること少なければなり。
算多きは勝ち、算少なきは勝たず。しかるをいわんや算無きにいてをや。
れ、れをもってこれをるに、勝負あらわる。

算多きは勝ち、算少なきは勝たず

算多きは勝ち、算少なきは勝たず

{意解}
その無防備を攻め、不意をかなければならない。
これが兵法でいうところの「兵勢へいせい」であって、
あらかじめ教えることができないものなのである。
開戦前の御前会議(廟算びょうさん)において、既に勝っているというのは、
勝算が多いからである。
反対に、開戦前の御前会議において、既に負けているというのは、
勝算が少ないからである。
勝算が多ければ勝ち、少なければ勝てないのは当然である。
まして、勝算無き戦いなど勝てることがあろうか。
私は、この会議を観ることにより、
勝敗の行方を事前に知ることができるのである。

「勝算の多いほうが勝ち、少ないほうが敗れる」孫子はこう語ったあとで「而るを況や算なきに於いておや」まして勝算がなかったら勝てはしないのだ、とダメ押ししている。
勝算もないのに、飛び出して玉砕ぎょくさいしてしまったのでは、元も子もない。そんなときは、あえて退しりぞく。 そして戦力を温存おんぞんしていれば、また、次のチャンスに賭けることができる。これが「孫子」の認識にんしきである。 「算」とは、「計算」の「算」でもある。

この一節を、何か事業を始めるときには、確かな計算を立ててかかれと理解すべきだろう。 ただ私たち日本人は、「計算」に強い人間を、「計算高い」などと言って嫌う傾向がある。考えれば、計算に弱ければ、ろくな人生設計もできないであろうし、危険を避けるには、何事も前もってきちんと計算を立ててかかる必要があるのは、 確かである。

孫子 謀攻篇に「彼を知り己を知れば、百戦殆うからず」とある。何事においても、主観的、一面的に判断をしてしまうことをいましめたことばである。ことさらに、「孫子」にいわれなくても、事前調査の必要性、そして自己能力の把握はあくが重要なことは誰でも理解している。が、頭で理解していても、実行の段階になると、れがむずかしい。事後に後悔の念にほぞをかむ事が、なんと多いことか。
その理由に、
・ 「彼」に対しての調査不足、
・ 自己能力に対しての認識不足
・ 楽観的(主観的)観測
・ 一面的な思い込み
等の理由で判断を誤ることが少なくない。
何か事を始めるときには、可能な限り調査し、客観的に判断する冷静さが必要だろう。
備えを以って時を待ち、時を以って事を興す。好機と見るや、すぐに行動を始める。」
昔より、秀でた指導者は皆このように行動した。ゆえに、すばらしい成功(功績)を残したのだという。

* 「孫子そんし」は、中国春秋時代の思想家孫武の作とされる兵法書。後に武経七書の一つに数えられている。古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つである。
「孫子」の成立以前は、戦争の勝敗は天運に左右されるという考え方が強かった。
孫武そんぶは戦史研究の結果から、戦争には勝った理由、負けた理由があり得ることを分析した。「孫子」の意義いぎはここにある。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

コメント

Verified by MonsterInsights
Copied title and URL