三十六策、走るをこれ上計とす|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第六章

三十六さくにぐるをこれ上計じょうけいとす

-三十六策,走是上計-   南斉書 王敬則伝
{南斉書なんせいしょ:五十九巻。南朝梁の蕭子顕の撰。
南朝斉の正史。「斉書」ともいう。}

【原文】
敬則曰、
檀公三十六策、
走是上計

【書き下し文】
王敬則おうけいそくいわく、
檀道済だんどうさいさく
にぐるをこれ上計じょうけいとす。

【意解】
 南北朝時代に活躍した檀道済だんどうさいという将軍の戦いぶりを評した言葉だという。
普通に「三十六けいげるにしかず」と言っているが、元はこの表現である。
多くの戦略戦術の中で、三十六さくけい)、げるのが上計じょうけい(上手な戦い方)
の理由として、勝算が無いのに、戦って負けたのでは、元も子もない。
勝算が無いと判断したら、撤収てっしゅうして戦力を温存おんぞんしておけば、
勝機しょうきめぐってくる、という考え方である。

敵との戦闘が不利な状況においては、降伏こうふくしてしまうか、
停戦(和)をうか、逃走とうそうするかである。
降伏は完全な敗北である。
停戦は(交換条件を与えねばなず)半分敗北になる。
しかし逃走して勢力を保ったならばそれは敗北ではない(挽回ばんかいが可能である)。
勝利が不可能と認識したときに退却たいきゃくして損害を回避かいひするのも、
指揮官として必要な判断力だろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 成功の心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください