世を処するに一歩を譲るを高しとなす|中国古典 名言に学ぶ

世を処するに一歩を譲るを高しとなす

世を処するに一歩を譲るを高しとなす

第七章

人と接するための心得

世をしょするに一歩をゆずるをたかしとなす

ー処世譲一歩為高ー  菜根譚 前集 17項
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

原文:
処世譲一歩為高。
退歩即進歩的張本。
待人寛一分是福。
利人実利己的根基。

書き下し文:
世をしょするに一歩をゆずるをたかしとなす。
退しりぞくるはすなわを進むるの張本ちょうほんなり。
人を待つに一分をひろくにするはこれさいわいなり。
人をするはおのれを利するの根基こんきなり。

世を処するに一歩を譲るを高しとなす

世を処するに一歩を譲るを高しとなす

意解:
人生は一歩譲って生きること(自説を一部分引っ込めて、相手の主張を少し認めること)が、自分が進歩成長する伏線となる。人には寛大に接することが結局、実益につながる。
人のためを忖度そんたく(他人の気持ちや考えを推しはかる)することが、結局は自己の利益を守ることになると言っている。

人はそれぞれ自分が得てきた経験、知識は違うもの、それらを考慮し、一歩譲って相手の主張を理解し認めることも必要だろう。

伝習録 修養に「朋友に処するに、務めて相下れば則ち益を得、相上げば則ち損ず」とあり、ゆうまでもなく、完璧な人間はいない。誰しも欠点の一つや二つはあるのが人間である。それなのに、へんにえらぶって相手を見下していたのでは、いたずらに相手の反発を買うことになる。そうなると、相手はなにもいってくれなくなるし、結果として自分の進歩も向上も望めなくなる。ゆえに、謙虚けんきょであれ、寛容かんようであれ、と語っている。

*参考資料:菜根譚 前集 17条をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 
私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。ご興味がございましたら、覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください