人生意気に感ず、功名誰かまた論ぜん|中国古典 名言に学ぶ

人生意気に感ず、功名誰かまた論ぜん

人生意気に感ず、功名誰かまた論ぜん

第七章

人生じんせい意気いきかんず、功名誰こうみょうたれかまたろんぜん

ー人生感意気、功名誰復論ー  唐詩選 述懐
【唐詩選:七巻。唐代の詩人百二十七名の詩の選集。
明の李攀竜の選といわれているが、偽託説もある】

原文:
人生感意気、
功名誰復論。

書き下し文:
人生じんせい意気いきかんず、
功名誰こうみょうたれかまたろんぜん。

人生意気に感ず、功名誰かまた論ぜん

人生意気に感ず、功名誰かまた論ぜん




意解:

唐詩選とうしせん」の巻頭かんとうを飾る「述懐じゅっかい」と題する詩の一節。
作者は魏徴ぎちょう。唐の二代目皇帝太宗たいそうつかえた名臣である。詮索せんさくはしないが、偽託説ぎたくせつもある。

太宗たいそうがまだ即位する前、兄の健成けんせい骨肉こつにくあらそいを展開したとき、魏徴ぎちょう健成側けんせいがわ謀臣ぼうしんとして活躍かつやくした。この争いで健成は殺され、太宗の即位となるのであるが、このとき、魏徴は才能を認められて太宗の幕下ばくかむかえられ、やがて命を受けて東方に宣撫官せんぶかんとして出向いていく。その時にこの詩を詠んだとされている。

人生は男同士の意気に感ずるもの、功名などは問題とするに当たらないという意味。
男のロマンをんだ一句である。

人は各々の利害で行動するかもしれないが、お互いに利己的りこてきな行動ばかりでは、あまりにも味気ない。「人生意気じんせいいきかん」というロマンが人生にもっともっとってもいいのではと思われる。

論語 季子第十六 4に「益者三友、損者三友」がある。孔子は、付き合ってためになる友人(益者三友)、付き合ってためにならない友人(損者三友)があるとして、語っている。「為になる友人とは、実直じっちょくな人、誠実せいじつな人、良識りょうしきのある人。為にならない友人とは、びる人、人当たりばかりよい人、口先だけはうまい人」だという。

宣撫官せんぶかん:占領地において、占領軍の目的や方針などを知らせて、
人心を安定させることを任務とする軍属

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください