free web hit counter

 

Blog

Pocket


へんしょしては、まさに百忍ひゃくにんかたくして、ってるをはかるべし

 

ー処変当堅百忍以図成ー  菜根譚 前集百十八
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

 

原文:
衰颯的景象、就在盛満中。
発生的機緘、即在零落内。
故君子、居安宜操一心以慮患、
処変当堅百忍以図成。

 

書き下し文:
衰颯すいさつ景象けいしょうは、すなわ盛満せいまんなかり。
発生はっせい機緘きかんは、すなわ零落れいらくうちり。
ゆえ君子くんしやすきにりては、よろしく一心いっしんりてってうれいおもんばかるべく、
へんしょしては、まさに百忍ひゃくにんかたくして、ってるをはかるべし。
 
衰颯すいさつ衰退すいたい
景象けいしょうきざ
盛満せいまん隆盛りゅうせい
機緘きかん:変化の仕組み
零落れいらく:おちぶれること、葉が枯れて落ちる
百忍ひゃくにん:ひたすら頑張る
 


 

意解:
衰退すいたいきざしは隆盛りゅうせいの時に始まり、芽吹めぶきは葉が枯れて落ちる時に始まっている。
だから君子たる者は、繁栄はんえいしている時に、後日の異変いへんそなえ、
困難こんなん遭遇そうぐうしたときは、ひたすらしのんで初志しょしつらぬかねばならない。
 
へん」とは、言わば人生の踏ん張りどころである。
そこで必要になるのが「百忍ひゃくにん」だと言っている。
 
局面きょくめん打開だかいして目的を達成するために必要なのは、ねばって粘って粘り抜くこと。
百忍ひゃくにん」ということばには、そういう粘り強さがなければ、
新しい展望を開くことはできないという意味が込められている。
「百回でも耐え忍ぶ強さを持つ」
初志を貫くためには、何回でも耐え忍ぶ強さは必須ひっすである。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析