人の悪を攻むるには、太だ厳なることなかれ|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第七章

 

ひとあくむるには、はなはげんなることなかれ

ー攻人之悪、毋太厳ー  菜根譚 前集 23
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、
対応の道を説き、後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

原文:
攻人之悪、毋太厳、
要思其堪受。
教人以善、毋過高、
当使其可從。

書き下し文:
ひとあくむるには、はなはげんなることなかれ、
そのくるにえんことをおもうをようす。
ひとおしうるにぜんってするは、たかきにぐるなかれ、
まさにそれをしてしたがうべからしむべし。

意解:
人をしかったり人を教えたりするときは、
会社の部下であれ、自分の子供であれ、
あまり厳しい態度で接してはならない。
相手に受け入れられる限度を心得ておくべきである、という。

直接自分とはかかわりのない人間であれば、あやまちに気づいても、
気づかぬふりをして済ますことができるかもしれない。
だが、会社の部下や自分の子供であったら、立場上、
放置しておくことは許されない。
それさえしかれないようでは、それはもはや責任放棄せきにんほうきに等しいのではないか。

問題はそのしかり方だ。「菜根譚さいこんたん」は「人の悪をむるには、はなはげんなることなかれ」
人をしかるときには、あまりきびしい態度でのぞんではならないと語り、さらに、
「相手に受け入れられる限度を心得ておくべきだ」と付け加えている。

厳しすぎるとなぜまずいのか、言うまでもなく、相手の反発を買って、
その割に説得効果があらわれないからだ。
感情的になってどなりちらすような叱り方は、
もっともまずいと言えるかもしれない。

おこる」よりも「しかる」よりも「さとす」をきもめいじておくべきだろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください