free web hit counter

 

Blog

Pocket


ひとあくむるには、はなはげんなることなかれ

 

ー攻人之悪、毋太厳ー  菜根譚 前集 23
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

 

原文:
攻人之悪、毋太厳、
要思其堪受。
教人以善、毋過高、
当使其可從。

 

書き下し文:
ひとあくむるには、はなはげんなることなかれ、
そのくるにえんことをおもうをようす。
ひとおしうるにぜんってするは、たかきにぐるなかれ、
まさにそれをしてしたがうべからしむべし。
 


 

意解:
人をしかったり人を教えたりするときは、
会社の部下であれ、自分の子供であれ、
あまり厳しい態度で接してはならない。
相手に受け入れられる限度を心得ておくべきである、という。
 
 直接自分とはかかわりのない人間であれば、あやまちに気づいても、
気づかぬふりをして済ますことができるかもしれない。
だが、会社の部下や自分の子供であったら、立場上、
放置しておくことは許されない。
それさえしかれないようでは、それはもはや責任放棄せきにんほうきに等しいのではないか。
 
 問題はそのしかり方だ。「菜根譚さいこんたん」は「人の悪をむるには、はなはげんなることなかれ」
人をしかるときには、あまりきびしい態度でのぞんではならないと語り、さらに、
「相手に受け入れられる限度を心得ておくべきだ」と付け加えている。
 
厳しすぎるとなぜまずいのか、言うまでもなく、相手の反発を買って、
その割に説得効果があらわれないからだ。
感情的になってどなりちらすような叱り方は、
もっともまずいと言えるかもしれない。
 
おこる」よりも「しかる」よりも「さとす」をきもめいじておくべきだろう。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析