人を挙ぐるにはすべからく退を好む者を挙ぐべし|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第七章


ひとぐるには、すべからく退たいこのものぐべし

ー挙人、須挙好退者ー  宋名臣言行録 巻三
【宋名臣言行録:二十四巻。前集十巻、後集十四巻は南宋の朱熹の撰。
続集八巻、別集二十六巻、外集十七巻は李幼武の補。宋代名臣の言行を集めたもの】

原文:
舉人、須舉好退者。
好退則廉謹知恥、若舉之、
忠節愈堅少有敗事。
莫舉奔競者。
奔競則能曲事諂媚、
求人知已。
若舉之必矜才好利、
累及舉官、故不少矣。

書き下し文:
ひとぐるには、すべからく退たいこのものぐべし。
退たいこのもの廉謹れんきんにしてはじる、しこれをぐれば、
忠節ちゅうせついよいよかたくして敗事はいすことあることすくなからん。
奔競ほんきょうものぐることなかれ
奔競ほんきょうするものは、よくげて諂媚てんびこととし、
ひとおのれらんことをもとむ。
これぐれば、かならさいほこり、このみ、
わずら舉官きょかんおよぶこともとよりすくなからざらん。

意解:
宋代の張詠ちょうえいという大臣の語った言葉である。
退たいを好む者」とは、欲が少なく、控え目で、出しゃばり過ぎず、
与えられた職責しょくせきをきちんと果たすので、結局、失敗が少ないのだと言い、
人を推薦すいせんする時にはそういうタイプを選んだほうが善いと云っている。

これと反対なのが、「奔競ほんきょうの者」で自ら地位にこうと狂奔きょうほんし、
へつら一旦いったんその地位につくと、おのれの利益のみを考え、
最後は組織を破滅はめつさせ、人も駄目にしてしまう。と語録を残している。
これも一つの見識であるかもしれない。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください