人を挙ぐるにはすべからく退を好む者を挙ぐべし|中国古典 名言に学ぶ

人を挙ぐるにはすべからく退を好む者を挙ぐべし

人を挙ぐるにはすべからく退を好む者を挙ぐべし

第七章

ひとぐるには、すべからく退たいこのものぐべし

ー挙人、須挙好退者ー  宋名臣言行録 巻三
【宋名臣言行録:二十四巻。前集十巻、後集十四巻は南宋の朱熹の撰。
続集八巻、別集二十六巻、外集十七巻は李幼武の補。宋代名臣の言行を集めたもの】

原文:
舉人、須舉好退者。
好退則廉謹知恥、若舉之、
忠節愈堅少有敗事。
莫舉奔競者。
奔競則能曲事諂媚、
求人知已。
若舉之必矜才好利、
累及舉官、故不少矣。

書き下し文:
ひとぐるには、すべからく退たいこのものぐべし。
退たいこのもの廉謹れんきんにしてはじる、しこれをぐれば、
忠節ちゅうせついよいよかたくして敗事はいすことあることすくなからん。
奔競ほんきょうものぐることなかれ
奔競ほんきょうするものは、よくげて諂媚てんびこととし、
ひとおのれらんことをもとむ。
これぐれば、かならさいほこり、このみ、
わずら舉官きょかんおよぶこともとよりすくなからざらん。

廉謹:慎み深いこと

人を挙ぐるにはすべからく退を好む者を挙ぐべし

人を挙ぐるにはすべからく退を好む者を挙ぐべし

意解:

宋代の張詠ちょうえいという大臣の語った言葉である。「退たいを好む者」とは、欲が少なく、控え目で、出しゃばり過ぎず、与えられた職責しょくせきをきちんと果たすので、結局、失敗が少ないのだと言い、人を推薦すいせんする時にはそういうタイプを選んだほうが善いと云っている。

これと反対なのが、「奔競ほんきょうの者」で自ら地位にこうと狂奔きょうほんし、へつら一旦いったんその地位につくと、おのれの利益のみを考え、最後は組織を破滅はめつさせ、人も駄目にしてしまう。と語録を残している。これも一つの見識であるかもしれない。

菜根譚 前集 17項に「世を処するに一歩を譲るを高しとなす」とある。人生は一歩譲って生きること(自説を一部分引っ込めて、相手の主張を少し認めること)が、自分が進歩成長する伏線となる。人には寛大に接することが結局、実益につながる。人のためを忖度そんたく(他人の気持ちや考えを推しはかる)することが、結局は自己の利益を守ることになると言っている。
人はそれぞれ自分が得てきた経験、知識は違うもの、それらを考慮し、一歩譲って相手の主張を理解し認めることも必要だろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

About ナオン

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の一助になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
This entry was posted in 人と接するための心得 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.