知りて知らずとするは上なり|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第七章

 

りてらずとするはじょうなり

ー知不知上ー  老子 第七十一章
【老子:二巻八十一章。道家の祖。老耽の撰と伝えられるが、
老耽が実在したか否かは明らかではない。
人為、虚飾を去って、無為自然であるべきことを説いている。別名「道徳経」】

原文:
知不知上、不知知病。
夫唯病病、是以不病。
聖人不病、以其病病、
是以不病。

書き下し文:
りてらずとするはじょうなり、らずしてれりとするはへいなり。
へいやまいとす、これもっやまいあらず。
聖人せいじんやまいあらず、へいやまいとするをもって、
これもっやまいあらず。

意解:
「老子」の一節である。
「知っていても知ったかぶりをしない。これが望ましいが、
知らないのに知ったかぶりをする。それは人間の大きな欠点である」

たしかに、知りもしないのに知ったかぶりをするようでは、
話にならない。
問題は、知ったあと、どうするかだ。
そんなこと百も承知しているとばかり、したり顔をしてまくしたてる。
これではかえって周囲の反感を買ってしまう。

上役との関係に例えれば、「あの件はどうなっている」と聞かれたら、
必要最小限度のことはきちんと答えられなければならない。だが、
聞かれもしないのにまくしたてるのは、
マイナスのほうが大きいかもしれない。

そもそも自分の欠点を欠点として自覚するからこそ、
それを改善でき、欠点も欠点ではなくなる。

無為むい聖人せいじんと言われる人物は、
己れの欠点を欠点として謙虚けんきょみとめて改善かいぜんしていくからこそ、
欠点のない聖人と言われるのである。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください