愛は憎しみの始め、徳は怨みの本なり|中国古典 名言に学ぶ

愛は憎しみの始め、徳は怨みの本なり

愛は憎しみの始め、徳は怨みの本なり

第七章

あいにくしみのはじめ、とくうらみのもとなり

ー愛者憎之始也、徳者怨之本也ー  管子 枢言篇
【菅子:二十四巻。春秋時代の前期、斉の桓公に仕えた宰相管仲とその門下の撰。
政治の大本は富民で、立法や布教はそれに次ぐということを説いている】

原文:
衆人之用其心也、
愛者憎之始也、
徳者怨之本也。

唯賢者不然。

書き下し文:
衆人しゅうじんこれそのこころもちいるなり、
あいにくしみのはじめ、
とくうらみのもとなり。
ただ賢者けんじゃしからず。

愛は憎しみの始め、徳は怨みの本なり

愛は憎しみの始め、徳は怨みの本なり

意解:
「愛は憎しみの始め」
演歌の文句にありそうな言葉だが、実は今から二千数百年も前にまとめられた「管子」にある言葉である。今も昔も人の心の繊細な動き、人間関係の機微きびは変わっていないのかもしれない。

ではなぜ愛が憎しみの始めになる、徳が怨みの本になるのか。「管子」によれば、報いられることを期待するからだという。つまり欲が絡むからである。

たとえば親子の愛情である。始めは純粋な愛情から出発しても、だんだん親の期待が芽生え、子供の思惑が絡んでくると、せっかくの愛情も憎しみに変わりかねない。

徳にしても、本来は自分を磨くための卑譲は徳の基なり(意志、温情、理性、忠誠、勇気、名誉、誠実、自信、謙虚)を、自分の固定概念で恨みに錯覚してしまう。これまた怨みの本になりかねない。

「管子」は、このことばを挙げた後で、「ただ賢者は然らず」という一句を付け加えている。

日々の生活環境にいて、つねにこの危険性はつきまとっている。無償の愛情を心に留め、つね自己じこり、より選択せんたく決断けつだん)ができるようにありたいですね。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

コメント

Copied title and URL