人と與にするには備わらんことを求めず|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第七章

ひとともにするにはそなわらんことをもとめず

ー與人不求備ー  書経 商書 伊訓
【書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、
殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、
宋代になって「書経」と呼ばれるようになった】

原文:
居上克明、
為下克忠。
與人不求備
檢身若不及。

書き下し文:
うえりてはあきらかに、
しもりてはちゅうあり。
ひとともにするにはそなわらんことをもとめず。
けんするもおよばざるがごとくす。

意解:

上の地位にあっては、手落ちのない正しい政治を行い、
下の地位にいれば君に忠義をつくす。
人と接するときは、相手に完全さを期待してはならない。
身を引き締めてもまだ足りていないことを自覚する。

現実的に、私は完璧な人間にはお会いしたことがない。
私を含めて、完璧でもない人間が相手にだけ完全さを求めても、
反発されるのが、目に見えている。

そなわらんことをもとめず」とは、
無い物ねだりをするのではなく、
相手が身につけている能力を引き出して、役立てる。
これもまた人と接するための心得と言えるだろう。

もちろん、自分に備わっていない事を求める精神は必要であろう。
しかし、他人にそれを求めるのは、破綻はたん不和ふわの元になりかねない。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください