朋友に処するに、務めて相下れば則ち益を得、相上げば則ち損ず|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第七章

 

朋友ほうゆうしょするに、つとめて相下あいくだればすなわえき
相上あいしのげばすなわそん

 

ー処朋友、務相下則得益、相上則損ー  伝習録 修養
【伝習録:三巻。明の王陽明の語録を、門人らが編集したもの。
陽明のとなえた知行合一の趣旨が述べられており、陽明学を学ぶには必見の書】

 

原文:
処朋友、務相下則得益、相上則損。
大凡朋友、須箴規指摘処少、
誘掖奨勧意多、方是。
與朋友論學,須委曲謙下,
寬以居之。

 

書き下し文:
朋友ほうゆうしょするに、つとめて相下あいくだればすなわちえき相上あいしのげばすなわそんす。
大凡およそ朋友ほうゆうは、すべからく箴規しんき指摘してきするところ少なく、
誘掖ゆうえき奨勧しょうかん多くして、まさこれなり。
朋友ほうゆうがくろんずるには、すべからく委曲謙下いきょくけんげし、
寛以かんもってこれにるべし。

 


 

意解:
「友人(陽明の中間達)と付き合うには、
相手に学ぶように努めればプラスとなり、
相手を見下すような態度で接すればマイナスにしかならない」、
「友人に対しては、なるべく相手をいましめたり、欠点をあばいたりするよりは、
助け合ったり励ましたりしなければならない」
「友人と議論する時には、できるだけ謙虚けんきょ寛容かんような態度で接しなければならない」
 
ゆうまでもなく、完璧な人間はいない。
誰しも欠点の一つや二つはあるのが人間である。
それなのに、へんにえらぶって相手を見下していたのでは、
いたずらに相手の反発を買うことになる。
そうなると、相手はなにもいってくれなくなるし、
結果として自分の進歩も向上も望めなくなる。
ゆえに、謙虚けんきょであれ、寛容かんようであれ、と語っている。
 
一緒に仕事をしている仲間との間でも、全く同じことが言えるのでは!
謙虚けんきょ寛容かんよう、この二つを心がけることが、
人間関係をくする道でもあり、
自分を向上させる道でもある。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください