free web hit counter

 

Blog

Pocket

第八章


 

おのれぐるものにしていまだひとなおくするものはあらず

 

ー枉己者未有能直人者ー  孟子 巻第六藤文公章句下 五十二節
孟子もうし:七編。戦国中期の儒家孟軻もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ】

 

原文:
陳代曰、
不見諸侯、宜若小然。
今一見之、大則以王、小則以霸。
且志曰、枉尺而直尋。宜若可為也。
孟子曰、

中略

詩云、不失其馳、舍矢如破。
我不貫與小人乘。請辭。
御者且羞與射者比。
比而得禽獸雖若丘陵、弗為也。
如枉道而從彼何也。且子過矣。
枉己者、未有能直人者也。

 

書き下し文:

陳代ちんだいいわく、
「諸侯を見ざるは、まさに小なるがごとしかり。
今、一たび之を見ば、大はすなわもって王たらしめ、小は則ち以てたらしめん。
いわく、『しゃくげてじんなおくす。』まさきがごとし。」
孟子曰もうしいわく、

中略

詩に云う、其のすることをうしなはざれば、矢をはなちてやぶるがごとし、と。
我、小人と乘ることをならはず。せん。」
御者ぎょしゃすら射者しゃしゃするをづ。
して禽獸きんじゅうること丘陵きゅうりょうごとしといえども、さざるなり。
みちげて彼にしたがうがごときはなんぞや。あやまてり。
おのれぐるものにしていまだひとなおくするものはあらざるなり。
 
*陳代:孟子の弟子
*詩:詩経
 

意解:
孟子の弟子の陳代が言った、
「先生が諸侯に面会を求めないのは、どうもお心が狭いように思われます。もし一度でも先生にお会いになれば、その諸侯は大きくは天下の王に、そこまでいかなくても覇業をなしとげることぐらいはできるでしょう。それに昔の書物にも、『わずか一尺を曲げて八尺を真直ぐにする。』乃ち小をすてて、大を活かせ、とありますが、先生もそうなさるのがよろしいかと存じます。」
孟子は言った、

中略

『詩経』にも、法に違わずに車を御せば、放つ矢も弓勢鋭く必ず中る、とあります。私は法に従って車を走らせて、一羽も取れないような小人と一緒に乗ることに慣れていませんので、お断りします。」と言ったそうだ。御者ですら未熟な射手におもねることを恥とした。おもねることにより、獲物が山のように取れたとしても、そういうことはしないものだ。それなのに私に道を曲げてまで諸侯に從えと進めるとは、なんということだ。ましてお前は間違っているぞ。自分を曲げた者が、どうして他人をなおくすることなど出来ようか。
 
*おもねる:きげんをとってその人の気に入るようにする
 

*参考資料:『孟子』巻第六藤文公章句下 五十二節
 


 

意解:
「己を枉ぐる」とは、自分の原則を曲げて相手に迎合すること、
そういう人間が指導的立場に立ったのでは相手を正しい方向に導くことができない。
というのである。
 
孟子という人は、仁義に立脚する王道政治を主張し、なんとかそれを実現しようと、
各国の王に働きかけてまわった。だが、各国とも現実の利益追求に余念がなく、
孟子の理想は容易に聞き入れられない。それを見た弟子の一人が、
もう少し融通をきかせて相手と妥協したほうがよいのではないかと言ったところ、
孟子はこの言葉を引いて、逆に、弟子をたしなめたという。
 
たしかに孟子の語るように、指導的立場にある者には、
自分が正しいと信じた原則はあくまでも顕示するという毅然きぜんとしたしせいがあるべきだ。
とくに、教育の場にある者にはこれが望まれる。
 
だが、現実の場においては、これと同時に、
柔軟な融通性ゆうずうせいを併せ持ったほうが善いのかもしれない。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 61,644 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,743人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools