桃李言わざれども下自ら蹊を成す|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第八章

桃李とうりものいわざれどもしたおのずかみち

ー桃李不言下自成蹊ー  史記 李将軍列伝第四十九
【史記:百三十巻。前漢の司馬遷が撰した、中国最初の通史。
上古の黄帝から、漢の武帝までの歴史を紀伝体で記されている】

原文:
太史公曰。伝曰、
「其身正不令而行、其身不正雖令不従。」
其李将軍之謂也。
余睹李将軍、悛悛如鄙人、口不能道辞。
及死之日、天下知与不知皆為尽哀。
彼其忠実心、誠信於士大夫也。
諺曰、
桃李不言、下自成蹊。」
此言雖小、可以喩大也。

書き下し文:
太史公曰く。伝に曰く、
の身正しかればれいせずしておこなはれ、
の身正しからざればれいすといえどしたがはれず。」と。
れ李将軍のひなり。
われ李将軍をるに、悛悛しゅんしゅんとして鄙人ひじんのごとく、口道辞どうじするあたはず。
死の日におよびて、天下知ると知らざると皆ためかなしみをくせり。
かれの其の忠実心、まこと士大夫したいふに信ぜられたるなり。
ことわざに曰はく、
桃李とうりものいわざれどもしたおのずかみちす」
此のげん小なりといえども、もって大をたとふべきなり。

参考資料:李将軍列伝第四十九

意解:

桃やすももの樹は美しい花を咲かせ、美味しい実をつける。
だから何も言わなくても人が自然に集まってきて、
その下には自然に道ができる。
それと同じように、徳のある人物のもとには、
黙っていても人々がしたい寄ってくるのだという。

漢の時代に李広りこうという将軍がいた。
弓の名手で、豪胆ごうたんな戦い方を得意とし、
「漢の飛将軍」と恐れられたが、普段は無口で、朴訥ぼくとつな人柄だった。
部下もよく可愛がったらしい。下賜かしされた恩賞のたぐいはみな部下に分け与え、
飲食も常に部下と同じものをとった。

行軍中、たまたま泉を発見しても、部下が飲み終わるまでは
けっして飲もうとしなかったし、食料も、部下に行き渡らないうちは、
ついぞ手を付けなかった。そのため部下はみな「李広殿のためならば」と、
喜んで戦いにおもむいたと言われる。

表題の言葉は、この李広将軍に捧げられたものである。
これもまた理想の指導者像を語った言葉である。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください