先ず和して而る後に大事を造す|中国古典 名言に学ぶ

先ず和して而る後に大事を造す

先ず和して而る後に大事を造す

第八章

してしかのち大事だいじ

ー先和而後造大事ー  呉子 図国第一
【呉子:一巻。春秋戦国時代に著されたとされる兵法書。武経七書の一つ。
撰者は不明。「孫子」とならぶ兵法書】

原文:
是以有道之主、
將用其民、
先和而後造大事。

書き下し文:
これを以って有道ゆうどうの主は、
將にその民を用いんとするや、
してしかのち大事だいじす。

有道ゆうどう:正道を行うこと。

先ず和して而る後に大事を造す

先ず和して而る後に大事を造す

意解:

このように正道を踏む君主は、その民を戦争に用いようとするとき、
先に民と親和し、そうしてから大事を行った、という意味である。

「呉子」の注に、「和」とは「衆心の一致なり」とある。組織の意思統一と言ってよい。
大きな仕事を成し遂げるためには、これが欠かせないということだ。

「和」には、二つの事が含まれている。第一に、経営トップの意思が末端まできちんと浸透していることだ。これは言うまでもないが、もう一つ忘れてならないのは、下からの支持である。下の者が受動的に上の決定を受け入れるのではなく、自発的な意欲を燃やせるようなかたちでの「和」であることが望ましい。

命令や強制だけでは、「和」は生まれてこない。「呉子」は「昔から名リーダーは、まず部下を教育し、部下の団結を勝ち取ることにつとめてきた」と語っている。ふだんの教育訓練なくして「和」は生まれないということだ。こういう意味でも、社員研修はもっと見直されてしかるべきなのかもしれない。

書経 虞書 大禹謨に「下に臨むに簡を以ってし、衆を御するに寬を以ってす」とある。手続きに加えて、規制や禁令の事柄が増えてくると、どうしても民間の活力が衰えてしまう。そうではなくて、もっと、「判り易い簡略な政治」を心がけなさいということを言っている。国民に対しては、すべからく寛容の精神で臨みなさい、そうでないと国民の支持を期待できないと、言っている。現に苛酷な政治を行って墓穴を掘った例は枚挙まいきょにいとまがない。以上のことは、一般の組織管理にも、そのまま通用するであろう。
簡と寬、この二つののことをリーダーは肝に銘じておくべきであろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

コメント

Copied title and URL