先ず和して而る後に大事を造す|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第八章

してしかのち大事だいじ

ー先和而後造大事ー  呉子 図国第一
【呉子:一巻。春秋戦国時代に著されたとされる兵法書。武経七書の一つ。
撰者は不明。「孫子」とならぶ兵法書】

原文:
是以有道之主、
將用其民、
先和而後造大事。

書き下し文:
これを以って有道ゆうどうの主は、
將にその民を用いんとするや、
してしかのち大事だいじす。

有道ゆうどう:正道を行うこと。

意解:

このように正道を踏む君主は、その民を戦争に用いようとするとき、
先に民と親和し、そうしてから大事を行った、という意味である。

「呉子」の注に、「和」とは「衆心の一致なり」とある。
組織の意思統一と言ってよい。
大きな仕事を成し遂げるためには、これが欠かせないということだ。

「和」には、二つに事が含まれている。第一に、経営トップの意思が
末端まできちんと浸透していることだ。これは言うまでもないが、
もう一つ忘れてならないのは、下からの支持である。
下の者が受動的に上の決定を受け入れるのではなく、
自発的な意欲を燃やせるようなかたちでの「和」であることが望ましい。

命令や強制だけでは、「和」は生まれてこない。「呉子」は
「昔から名リーダーは、まず部下を教育し、部下の団結を勝ち取ることにつとめてきた」
と語っている。ふだんの教育訓練なくして「和」は生まれないということだ。
こういう意味でも、社員研修はもっと見直されてしかるべきなのかもしれない。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください