これを望めば木鶏に似たり|中国古典 名言に学ぶ

これを望めば木鶏に似たり

これを望めば木鶏に似たり

第八章

これをのぞめば木鶏もくけいたり

ー望之似木鶏ー  荘子 外篇 達生第十九
【荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう】

原文:
紀渻子爲王養鬭鷄。
十日而問鷄已乎。
曰未也方虚憍而恃氣
十日又問、曰未也。猶應嚮景。
十日又問、曰未也。猶疾視而盛氣。
十日又問、曰幾矣。鷄雖有鳴者已無變矣。
望之似木鷄矣。其德全矣。
異鷄無敢應者、反走矣。

書き下し文:
紀渻子きせいし、王の爲に鬭鷄とうけいを養ふ。
十日にして問ふ、にはとりすでにするか、と。
曰く、いまだし。まさ虚憍きよけうにして氣をたのむ、と。
十日にして又問ふ。曰く、未だし。嚮景きやうえいこたえず、と。
十日にして又問ふ。曰く、未だし。猶ほ疾視しつしして氣を盛んにす、と。
十日にして又問ふ。曰く、ちかし。鷄鳴く者有りといへども、すでへんずること無し。
これをのぞめば木鶏もくけいたり。其の德まつたし。
異鷄いけいあへおうずる者無く、かへりて走る、と。

これを望めば木鶏に似たり

これを望めば木鶏に似たり




意解:

むかし中国に、紀渻子きせいしという闘鶏とうけいを訓練する名人がいた。あるとき、王様から一羽のニワトリの訓練を仰せつかる。十日たって王様が催促さいそくしたところ、「いや、まだでございます。やみくもに殺気立って、しきりに敵を求めております。」という答えである。こうして二度、三度と催促したが、OKが出ない。四度目、四十日たって、やっとOKが出た。紀渻子きせいしの答えはこうである。「もうよろしゅうございます。そばで他の鶏がどんなに鳴いて挑んでも、一向に動ずる気配がありません。見たところまるで木彫りの鶏のようです(これを望めば木鶏に似たり)。これこそ徳が充満している証拠しょうこ、他の鶏どもはその姿を見ただけで、みなシッポを巻いて逃げ出して行きます。」

立派な徳やしたたかな計謀けいぼう、能力を秘めながら、ただ黙ってにらみをかせている!
この「木鶏もっけい」のあり方こそ、理想のリーダー像なのである。

孫子 第十一章 九地篇に「軍に将たるの事は、静以って幽、正以って治」とある。将軍の仕事は、もの静かで思慮深く、公明正大で自分をよく律しなければならない。これもリーダーの心構えについて語った言葉である。
それは何かと言えば、「せい」であり「ゆう」であることだという。「幽」とは、測り知れないほど奥が深いという意味である。つまり、リーダーというのは、もろもろのはかりごとを胸の奥深く秘めてじっくりと構え、やたらに軽挙妄動けいきょもうどうしたり、不安動揺を外に現したりするなというのだ。

計謀けいぼう:はかりごと。

参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , パーマリンク

コメントいただければ嬉しいです

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください