智は禍を免るるを貴ぶ|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第八章


わざわいまぬがるるをたつと

ー智貴免禍ー  三国志 蜀書十 劉彭廖李劉魏楊傳第十
【三国志:六十五巻。正史の一つ。漢滅亡の後、
天下を三分した三国(魏、呉、蜀)に関する史書。五代の晋、陳寿の撰】

原文:
智貴免禍
明尚夙達。

書き下し文:
わざわいまぬがるるをたつとぶ、
めい夙達しゅくたつたっとぶ。

意解:
智謀、知略など、「智」という言葉から連想されるのは、
すばらしい頭のえであり、切れる人物のイメージである。
たしかに、そうにはちがいないのだが、しかし、
ほんものの「智」とは、派手に目立つようなものではないようだ。

たとえば、倒産しそうな会社を立て直したというような
だれにでもそれとわかる「智」は、
「智」は「智」でも、まだレベルの低い「智」であるらしい。

それを語っているのが、表題のことばである。
「智」の重要な働きは、禍を免れることにあり、
聡明の優れた点は、早く物事の道理を理解する事であるというのだ。

つまり、倒産会社を立て直すよりも、
会社を倒産の危機にいたらしめないように経営する。
これこそが、ほんものの「智明」なのだという。

だから、こういう「智」は大向こう(舞台から最も遠い客席)を
うならせるようなものではなく、ありようとしてはきわめて地味なのだ。
組織のリーダーに必要とされるのは、じつはこういう「智明」なのである。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

己を琢く手段を探る!

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください