Blog

Pocket

第八章


 

わざわいまぬがるるをたつと

 

ー智貴免禍ー  三国志 蜀書十 劉彭廖李劉魏楊傳第十
【三国志:六十五巻。正史の一つ。漢滅亡の後、
天下を三分した三国(魏、呉、蜀)に関する史書。五代の晋、陳寿の撰】

 

原文:
智貴免禍
明尚夙達。

 

書き下し文:
わざわいまぬがるるをたつとぶ、
めい夙達しゅくたつたっとぶ。


 


 

意解:
智謀、知略など、「智」という言葉から連想されるのは、
すばらしい頭のえであり、切れる人物のイメージである。
たしかに、そうにはちがいないのだが、しかし、
ほんものの「智」とは、派手に目立つようなものではないようだ。
 
たとえば、倒産しそうな会社を立て直したというような
だれにでもそれとわかる「智」は、
「智」は「智」でも、まだレベルの低い「智」であるらしい。
 
それを語っているのが、表題のことばである。
「智」の重要な働きは、禍を免れることにあるというのだ。
 
つまり、倒産会社を立て直すよりも、
会社を倒産の危機にいたらしめないように経営する。
これこそが、ほんものの「智」なのだという。
 
だから、こういう「智」は大向こう(舞台から最も遠い客席)を
うならせるようなものではなく、ありようとしてはきわめて地味なのだ。
組織のリーダーに必要とされるのは、じつはこういう「智」なのである。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 78,346 アクセス

最近の投稿

アクセス解析