術あれば則ち人を制し、術なければ則ち人に制せらる|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

 

第八章

じゅつあればすなわひとせいし、じゅつなければすなわひとせいせらる

ー有術則制人、無術則制於人ー  淮南子 主術訓 24
淮南子えなんじ:二十一巻。前漢の淮南王劉安が幕下の学者に命じて、
おのおのの専門について講論させて作った書】

原文:
有術則制人、
無術則制於人。

書き下し文:
じゅつあればすなわひとせいし、
じゅつなければすなわひとせいせらる。

 

意解:
淮南子えなんじ」によれば、「術」とは、
人君じんくんの国をさいし、臣下を統御とうぎょするの道」だという。
つまり、部下をコントロールするノウハウのようなものである。
くつわや手綱がないと馬を操ることができないように、
「術」をもたないと部下を使いこなすことができない。
この「術」を、リーダーにとって欠くべからざる条件だと強調したのが
韓非子かんぴし」である。

「術は人に見せるものではない。君主が胸の中に収めておき、
あれこれ見比べて、秘密のうちに部下を操縦するものである」と述べ、
更にこう語っている。
「術を使って治めれば、自分は廟堂びょうどうに座って処女のように神妙にしていても、
うまく治めることができる。これとは逆に、術を使わないで治めようとすれば、
せ細るほどあくせくしても、その割に効果は上がらない」

リーダーは、その立場にふさわしい徳を身につけるばかりでなく、
このような術もマスターしなければならないということだ。
現代組織におけるマネージメントにおいても、おおいに参考になると言えよう。

*参考資料:韓非子 人を動かす原理 統制ー7つの術 前田信弘氏編訳

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください