Blog

Pocket

第八章

 

鞠躬尽力きっきゅうじんりょくして後已のちやまん

 

ー鞠躬尽力、死而後已ー  三国志 諸葛孔明 後出師表
【三国志:六十五巻。正史の一つ。漢滅亡の後、
天下を三分した三国(魏、呉、蜀)に関する史書。五代の晋、陳寿の撰】

 

原文:
臣鞠躬尽力、死而後已。
至於成敗利鈍、
非臣之明所能逆睹也。

 

書き下し文:
鞠躬尽力きっきゅうじんりょくして後已のちやまん。
成敗せいばい利鈍りどんいたりては、
しんめいあらかじるにあらざるなり。
 
*逆(あらかじめ):あらかじめ。前もって。

 


 

意解:
「三国志」の諸葛孔明しょかつこうめい劉備りゅうび亡き後、その遺言によって蜀の全権を握り、
漢王朝の正統を回復すべく、宿敵のに戦いを挑んだ。
 
この戦いは、国力のちがいなど諸般しょはんの事情を考え合わせれば、
初めから勝ち目の薄い戦いだった。
だが、孔明としてはなんとしてもやり遂げなければならない。
なぜならそれが劉備の遺言であり、
蜀という国の掲げた国家目標でもあったからだ。
このときの孔明の決意を語っているのが、
この「鞠躬尽力きっきゅうじんりょく、死して後まん」という言葉である。
 
これは、孔明が二代目劉禅りゅうぜんたてまつった出陣の挨拶状あいさつじょうとでも言うべき
後出師ごすいしひょう」の結びのところに出てくる。
鞠躬きっきゅう」とは、上の者の命令をかしこんでうけたまわるといった意味で、
この場合、命令とは劉備の遺言ということになろう。
 
孔明の後半生はまさに「鞠躬尽力」そのものであり、
それが長く人々の感動を誘う理由となっている。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 89,732 アクセス

最近の投稿

アクセス解析