事を慮ること深遠なれば、則ち迂に近し|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第一章

 


ことおもんばかること深遠しんえんなれば、すなわちか

 

ー慮事深遠、則近於迂矣ー   宋名臣言行録
(宋名臣言行録:二十四巻。前集十巻、後集十四巻は南宋の朱熹の撰。
続集八巻、別集二十六巻、外集十七巻は李幼武の補。宋代名臣の言行を集めたもの。)

 

{原文}
慮事深遠、
則近於迂矣。

 

{書き下し文}
事をおもんばかること深遠しんえんなれば、
すなわに近し。

 


 


{意解}

」は、遠回り(まだるっこしい、非現実的)という意味である。

 慎重に物事を考え、対処すればするほど「迂」に近くなるという
けっして、批判した言葉ではなく熟考し、周到に思考すれば、
どうしても「迂」に思われがちになる。

 熟考じゅくこうし、かつ機敏きびん処置しょちができれば、ベストである。

 行動に責任を重んじる大人にとっては
日頃から意識しておきたい言行録ではないだろうか。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: 大きく生きる タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください