free web hit counter

 

Blog

Pocket


益者三楽えきしゃさんらく損者三楽そんしゃさんらく

 

ー益者三楽、損者三楽ー  論語 季氏第十六 5
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

原文:
孔子曰、
益者三楽、損者三楽。
楽節禮楽、楽道人之善。
楽多賢友、益矣。
楽驕楽、楽佚遊。
楽宴楽、損矣。

 

書き下し文:
孔子曰こうしいわく、
益者三楽えきしゃさんらく損者三楽そんしゃさんらく
礼楽れいがくせつするを楽しみ、人のぜんうを楽しみ、
賢友けんゆう多きを楽むはえきなり。
驕楽けうらくを楽しみ、佚遊いつゆうを楽しみ、
宴楽えんらくを楽しむはそんなり。
 


 

意解:
論語 李氏第十六 4(益者三友、損者三友)の追記条である。

孔子曰こうしいわく、
有益ゆうえきな楽しみが三つ(益者三楽)、
有害ゆうがいな楽しみが三つ(損者三楽)あるとして、語っている。
礼儀と音楽をほどよく親しみ(節禮楽)、
人の善言善行ぜんげんぜんこうたたえることを楽しみ(道人之善)、
立派な人柄ひとがらの友が多いことを喜ぶ(多賢友)ことは、
有益ゆうえきな楽しみである。

おごりて人を見下し、わがまま勝手を振る舞い(驕楽けうらく)、
博奕遊芸ばくちゆうげいなどにふけってなまけ遊び(佚遊いつゆう)、
酒色しゅしょくふけって安逸あんいつ(何もせずのんきに過ごす)をむさぼる(宴楽えんらく)ことは、
有害ゆうがいな楽しみであると言っている。

たのしみの無い人生も味気あじけない、
ほど良い息抜きとしての驕楽けうらく佚遊いつゆう宴楽えんらくも必要に思われる。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析