益者三楽、損者三楽|中国古典 名言に学ぶ

益者三楽、損者三楽

益者三楽、損者三楽

第七章

人と接するための心得

益者三楽えきしゃさんらく、損者三楽そんしゃさんらく

ー益者三楽、損者三楽ー  論語 季氏第十六 5
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

原文:
孔子曰、
益者三楽、損者三楽。
楽節禮楽、楽道人之善。
楽多賢友、益矣。
楽驕楽、楽佚遊。
楽宴楽、損矣。

書き下し文:
孔子曰こうしいわく、
益者三楽えきしゃさんらく、損者三楽そんしゃさんらく。
礼楽れいがくを節せつするを楽しみ、人の善ぜんを道いうを楽しみ、
賢友けんゆう多きを楽むは益えきなり。
驕楽けうらくを楽しみ、佚遊いつゆうを楽しみ、
宴楽えんらくを楽しむは損そんなり。

益者三楽、損者三楽

益者三楽、損者三楽

意解:
論語 李氏第十六 4(益者三友、損者三友)の追記条である。

孔子曰こうしいわく、
有益ゆうえきな楽しみが三つ(益者三楽)、
有害ゆうがいな楽しみが三つ(損者三楽)あるとして、語っている。
礼儀と音楽をほどよく親しみ(節禮楽)、
人の善言善行ぜんげんぜんこうを褒ほめ称たたえることを楽しみ(道人之善)、
立派な人柄ひとがらの友が多いことを喜ぶ(多賢友)ことは、
有益ゆうえきな楽しみである。

おごりて人を見下し、わがまま勝手を振る舞い(驕楽けうらく)、
博奕遊芸ばくちゆうげいなどに耽ふけってなまけ遊び(佚遊いつゆう)、
酒色しゅしょくに耽ふけって安逸あんいつ(何もせずのんきに過ごす)をむさぼる(宴楽えんらく)ことは、
有害ゆうがいな楽しみであると言っている。

されど愉たのしみの無い人生も味気あじけない、
ほど良い息抜きとしての驕楽けうらく・佚遊いつゆう・宴楽えんらくも必要に思われる。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。ご興味がございましたら、覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。