善を見れば則ち遷り、過ちあれば則ち改む|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第二章


 


ぜんを見ればすなわうつり、あやまちあればすなわあらた

ー見善則遷、有過則改ー   易経
(易経:「易」または「周易」ともいう。五経の一つ。
卜筮(ぼくぜい)の法によって、倫理道徳を説いたもの。
上下の「経」と、その注釈篇である。
「十翼」からなり、十翼は孔子の編と伝えられている。)

{原文}
見善則遷、
有過則改。

{書き下し文}
ぜんを見ればすなわうつり、
あやまちあればすなわあらたむ。

{意解}  
善を見たらすぐに学び取り、
過ちがあればすぐに改める。
すなわち」→すぐに、ただちに
うつる」→移行する

 すぐに実行する行動力も、君子の条件だと言っている。
日々の生活の上でも周囲の人々の善行に
心が喜ぶ機会は、結構多い。
だが、そう感じただけでは、なんにもならない。
自分もそのレベルに近づく努力をする事が重要だ、と。  
また、失敗や、あやまちは誰にでもある。
肝心なのは、 早くそれに気づいてあらためること、
同じ過ちを繰り返さないことだ、と。  

 孔子ほどの人物でも、
{原文}
「子曰、徳之不修、學之不講、聞義不能徒、不善不能改、是吾憂也」

{書き下し文}
「子曰はく、 とくおさまらざる、 學のこうぜざる、 義を聞いて移るあたはざる、
不善改ふぜんあらたむるあたはざる、 これうれひなり。」

{意解}
徳が身に付いていないのではないか、 学問をおこたりはしなかったか。
正しいことと知りながら実行しなかったのではないか。
悪いことと知りながらあらためなかったのではないか。
これが私の恐れていることだ、という。

「過ちて改めざる、これを過ちと謂う」
「過ちては改むるにはばかることなかれ」
これも孔子の言葉であるが、
ここで「易経」の言っていることも同じである。
同じ過ちを繰り返していたのでは、
進歩も向上も期待できないということである。
 
あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ!

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください