Blog

Pocket

 

第二章

 


ぜんを見ればすなわうつり、あやまちあればすなわあらた

 

ー見善則遷、有過則改ー   易経 
(易経:「易」または「周易」ともいう。五経の一つ。
卜筮(ぼくぜい)の法によって、倫理道徳を説いたもの。
上下の「経」と、その注釈篇である。
「十翼」からなり、十翼は孔子の編と伝えられている。)

 

{原文}
見善則遷、
有過則改。

 

{書き下し文}
ぜんを見ればすなわうつり、
あやまちあればすなわあらたむ。
 


 

{意解}  
善を見たらすぐに学び取り、
過ちがあればすぐに改める。
すなわち」→すぐに、ただちに
うつる」→移行する
 
 すぐに実行する行動力も、君子の条件だと言っている。
日々の生活の上でも周囲の人々の善行に
心が喜ぶ機会は、結構多い。
だが、そう感じただけでは、なんにもならない。
自分もそのレベルに近づく努力をする事が重要だ、と。  
また、失敗や、あやまちは誰にでもある。
肝心なのは、 早くそれに気づいてあらためること、
同じ過ちを繰り返さないことだ、と。  
 
 孔子ほどの人物でも、
{原文}
「子曰、徳之不修、學之不講、聞義不能徒、不善不能改、是吾憂也」
 
{書き下し文}
「子曰はく、 とくおさまらざる、 學のこうぜざる、 義を聞いて移るあたはざる、
不善改ふぜんあらたむるあたはざる、 これうれひなり。」

 
{意解}
徳が身に付いていないのではないか、 学問をおこたりはしなかったか。
正しいことと知りながら実行しなかったのではないか。
悪いことと知りながらあらためなかったのではないか。
これが私の恐れていることだ、という。

 
「過ちて改めざる、これを過ちと謂う」
「過ちては改むるにはばかることなかれ」
これも孔子の言葉であるが、
ここで「易経」の言っていることも同じである。
同じ過ちを繰り返していたのでは、
進歩も向上も期待できないということである。
 
あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ!

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 68,701 アクセス

最近の投稿

アクセス解析