練極まりて福を成すは、その福始めて久し|中国古典 名言に学ぶ

練極まりて福を成すは、その福始めて久し

練極まりて福を成すは、その福始めて久し

第二章

練極れんきわまりてふくすは、その福始ふくはじめてひさ

ー練極而成福者、其福始久ー  菜根譚 前集 75項
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、
事治、対応の道を説き、後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

原文:
一苦一楽相磨練、
練極而成福者、其福始久。
一疑一信相参勘、
勘極而成知者、其知始真。

書き下し文:
一苦一楽いつくいちらく相磨練あいまれんし、
練極れんきわまりてふくす者は、その福始ふくはじめてひさし。
一疑一信いちぎいつしん相参勘あいさんかんし、
勘極かんきわまりてす者は、はじめてしんなり。

磨練まれん:知識を磨き、精神を練る
相参勘あいさんかん:考え抜く

練極まりて福を成すは、その福始めて久し

練極まりて福を成すは、その福始めて久し




意解:
時には喜び、時には苦しみながら、
その果に築き上げた幸福であれば、いつまでも持続する。
時には信じ、時には疑いながら、
熟慮じゅくりょの末につかんだ確信であれば、はじめて本物となる。

棚ボタの幸福は一瞬、
熟慮の末の確信でなければ、
軟弱で曖昧あいまい(優柔不断)になると言っている。

菜根譚前集 191項にも「磨礪は当に百錬の金の如くすべし、急就は邃養にあらず」とある。自分自身を磨き上げるには、繰り返して練り鍛える金属のようにすべきで、簡単(インスタント)に行う修養であってはいけない。起業する場合は、 強靭きょうじんな弓を放つ時のように慎重にすべきで、軽薄けいはくな起業では成功はしない。 つまり、 何事にも成果を出すには、慎重しんちょう且つ堅実けんじつに行えといっている。

参考資料: 菜根譚前集 061~090洪自誠を参考に
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , パーマリンク

練極まりて福を成すは、その福始めて久し|中国古典 名言に学ぶ への5件のフィードバック

  1. feedback のコメント:

    May I simply just say what a comfort to uncover a person that really knows what
    they’re discussing on the web. You certainly understand how
    to bring a problem to light and make it important.
    More and more people need to read this and understand this side of your story.
    I was surprised that you aren’t more popular because you definitely possess the gift.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください