Blog

 

第二章

 

こころかんみちしょうするは、三者さんしゃくは

 

ー観心証道、無如此三者ー  菜根譚 前集 87項
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

 

原文:
静中念慮澄徹、見心之真体。
閑中気象従容、識心之真機。
淡中意趣冲夷、得心之真味。
観心証道、無如此三者。

 

書き下し文:
静中せいちゅう念慮澄徹ねんりょちょうてつなれば、こころ真体しんたいる。
閑中かんちゅう気象従容きしょうしょうようなれば、こころ真機しんきる。
淡中たんちゅう意趣冲夷いしゅちゅういなれば、こころ真味しんみ
こころかんみちしょうするは、三者さんしゃくはし。


 


 

意解:
静かな環境で思考が透徹しているときには、
心の本来の姿が見えてくる。
のんびりした環境で気持ちが落ち着いているときには、
心の働きが見えてくる。
淡々たる心境で感情が平静なときには、
心の働く方向が見えてくる。
 
自分の心を認識し、真の道を会得するには、
この三つの方法によるのが、もっともよい。
 
バタバタ動き回ってばかりいると、自分を見失いがちである。
時には静かな環境に身を置いてみるべきであろう。

 

[決定版]菜根譚 著者: 守屋洋 を参考に
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 63,865 アクセス

最近の投稿

アクセス解析