敢えて天下の先たらず|中国古典 名言に学ぶ

敢えて天下の先たらず

敢えて天下の先たらず

第四章

えて天下のせんたらず

ー不敢為天下先ー     老子 第67章
(老子:二巻八十一章。道家の祖、老タンの撰と伝えられるが、
老タンが実在したか否かは明かではない。
人為、虚飾を去って、無為自然であるべきと説く。道徳経。)

{原文}
下皆謂我道大似不肖。
夫唯大故似不肖。
若肖、久矣其細。
夫我有三寶。持而寶之。
一曰慈、二曰倹、三曰不敢為天下先
慈故能勇。倹故能広。
不敢為天下先、故能成器長。
今捨慈且勇、舎倹且広、
舎後且先、死矣。
夫慈以戦則勝、以守則固。
天将救之。以慈衛之。

{書き下し文}
天下皆ふ我がみちだいにして不肖ふしょうたり。
だ大なり、ゆえ不肖ふしょうたり。
しょうならば、久しいかなさいなること。
夫れ我に三寶さんぽうり。してこれたからとす。
一にいわ、二に曰くけん、三に曰くあえ天下てんかせんらず。
なり、ゆえゆうなり。けんなり、ゆえこうなり。
えて天下のせんたらず、ゆえ器長きちょうる。
ててまさゆうならんとし、けんおいまさひろくあらんとし、
おくるるをおいまささきんぜんとすれば死せん。
もったたかへばすなわち勝ち、もっまもればすなわかたし。
まさこれすくはんとす。もっこれまもらん。

敢えて天下の先たらず

敢えて天下の先たらず

{意解}
「老子」によれば、この世の中を無事に生きていくためには、
「三宝」則ち三つの宝が必要なのだという。

「人を慈しむからこそ、勇気が湧いてくる。物事を控え目にするからこそ、行き詰まらない。人々の先頭に立たないからこそ、逆に指導者として担がれる。いま、慈しむことを忘れて勇気だけを誇示し、控えめな態度を捨てて我先に駆け出し、退くことを忘れて先頭に立つことだけを考えれば、どうなるか。 破滅あるのみだ。全てのものを包み込む慈母の愛 、それが何ものにも優るであろう」と、老子は語っている。
これらはいずれも、乱世を生きるための英知と言っても良いだろう。

老子 第十八章に「大道廃れて仁義あり」とある。人にとって本当に守らなければならない事というのは、わざわざ言葉や、文字にしなければならないような ものでは無いと言う。 しかし、人はそんなに強心ではない、人として生きていくうえで規範的価値は必要と思われる。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

About ナオン

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の一助になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
This entry was posted in 着実に生きる and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.