Blog

第四章

 

えて天下のせんたらず

 

ー不敢為天下先ー     老子 第67章
(老子:二巻八十一章。道家の祖、老タンの撰と伝えられるが、
老タンが実在したか否かは明かではない。
人為、虚飾を去って、無為自然であるべきと説く。道徳経。)

 

{原文}
下皆謂我道大似不肖。
夫唯大故似不肖。
若肖、久矣其細。
夫我有三寶。持而寶之。
一曰慈、二曰倹、三曰不敢為天下先
慈故能勇。倹故能広。
不敢為天下先、故能成器長。
今捨慈且勇、舎倹且広、
舎後且先、死矣。
夫慈以戦則勝、以守則固。
天将救之。以慈衛之。

 

{書き下し文}
天下皆ふ我がみちだいにして不肖ふしょうたり。
だ大なり、ゆえ不肖ふしょうたり。
しょうならば、久しいかなさいなること。
夫れ我に三寶さんぽうり。してこれたからとす。
一にいわ、二に曰くけん、三に曰くあえ天下てんかせんらず。
なり、ゆえゆうなり。けんなり、ゆえこうなり。
えて天下のせんたらず、ゆえ器長きちょうる。
ててまさゆうならんとし、けんおいまさひろくあらんとし、
おくるるをおいまささきんぜんとすれば死せん。
もったたかへばすなわち勝ち、もっまもればすなわかたし。
まさこれすくはんとす。もっこれまもらん。
 


 

{意解}
「老子」によれば、この世の中を無事に生きていくためには、
「三宝」則ち三つの宝が必要なのだという。
 
 三つの宝とは、


である。
 
「人を慈しむからこそ、勇気が湧いてくる。
物事を控え目にするからこそ、行き詰まらない。
人々の先頭に立たないからこそ、
逆に指導者として担がれる。
 いま、慈しむことを忘れて勇気だけを誇示し、
控えめな態度を捨てて我先に駆け出し、
退くことを忘れて先頭に立つことだけを考えれば、
どうなるか。 破滅あるのみだ。
全てのものを包み込む慈母の愛
それが何ものにも優るであろう」
と、老子は語っている。
 
 これらはいずれも、乱世を生きるための英知と言っても良いだろう。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 63,865 アクセス

最近の投稿

アクセス解析