明極まれば、則ち察に過ぎて疑い多し|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第八章

めいきわまれば、すなわさつぎてうたがおお

ー明極則過察而多疑ー  近思録 警戒第七
【近思録:十四巻。宋の朱熹・呂祖謙の共著。宋の学者、周廉渓・程明道・
程伊川の著書や語録の中から六百二十二条を選んだ、初学者用のテキスト】

原文:
睽極則咈戻而難合、
剛極則躁暴而不詳、
明極則過察而多疑。

書き下し文:
きわまればすなわ咈戻ふつれいにしてがたく、
ごうきわまればすなわ躁暴そうぼうにしてからず、
めいきわまればすなわさつぎてうたがおおし。

意解:

道理は相応ずるものだが、「」は背き合うので道理が通じない。
こちらが親切で言っても、相手はそれを聞かない。

ごう」は手強いのが極まれば手荒になる、わけもなくしかり散らす。
上から目線での上司にみうけられる。

めい」は洞察力である。よく「頭が切れる」とか、「切れる人物」と言うが、
あの「切れる」というニュアンスがこの場合の「明」に近いかもしれない。

之は世の中を生きていくうえで必要な条件の一つであるが、
この「めい」も研ぎ澄まされ過ぎる(過ぎた察|過察)と、勘ぐりすぎて、
他人の思ってもいないふところを探ったり、疑いばかり深くなるのだという。
めい」には多疑はなく、それは過察かさつ(過ぎた察)からのものである。

めい」はリーダーにとってぜひとも必要な条件であり、
これがなかったら、たちまち組織の舵取りに失敗してしまうだろう。
だが、「察に過ぎて疑い多し」とならぬように、
三極悪「睽極咈戻、剛極躁暴、明極過察」とならぬように、心すべきであろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください