明極まれば、則ち察に過ぎて疑い多し|中国古典 名言に学ぶ

明極まれば、則ち察に過ぎて疑い多し

明極まれば、則ち察に過ぎて疑い多し

第八章

めいきわまれば、すなわさつぎてうたがおお

ー明極則過察而多疑ー  近思録 警戒第七
【近思録:十四巻。宋の朱熹・呂祖謙の共著。宋の学者、周廉渓・程明道・ 程伊川の著書や語録の中から六百二十二条を選んだ、初学者用のテキスト】

原文:
睽極則咈戻而難合、
剛極則躁暴而不詳、
明極則過察而多疑。

書き下し文:
きわまればすなわ咈戻ふつれいにしてがたく、
ごうきわまればすなわ躁暴そうぼうにしてからず、
めいきわまればすなわさつぎてうたがおおし。

明極まれば、則ち察に過ぎて疑い多し

明極まれば、則ち察に過ぎて疑い多し

意解:
 道理は相応ずるものだが、「」は背き合うので道理が通じない。 こちらが親切で言っても、相手はそれを素直に受け取ってくれない。

ごう」は手強いのが極まれば手荒になる、わけもなくしかり散らす。 上から目線での上司にみうけられる。

めい」は洞察力である。よく「頭が切れる」とか、「切れる人物」と言うが、 あの「切れる」というニュアンスがこの場合の「明」に近いかもしれない。

之は世の中を生きていくうえで必要な条件の一つであるが、この「めい」も研ぎ澄まされ過ぎる(過ぎた察|過察)と、勘ぐりすぎて、他人の思ってもいないふところを探ったり、疑いばかり深くなるのだという。「めい」には多疑はなく、それは過察かさつ(過ぎた察)からのものである。

めい」はリーダーにとってぜひとも必要な条件であり、これがなかったら、たちまち組織の舵取りに失敗してしまうだろう。だが、「察に過ぎて疑い多し」とならぬように、 三極悪「睽極咈戻、剛極躁暴、明極過察」とならぬように、心すべきであろう。

論語 先進第十一 15にも「過ぎたるは猶及ばざるが如し」とある。過ぎてもいけない、足りなくてもいけない。バランスのとれた人間像が理想的だと、孔子は言っているのである。  何事においても、礼を尽くすことは必要であるが、度が過ぎると、悪意に受け取られることもある。 「礼も過ぎれば無礼になる」言行には中庸ちゅうようを心がけたいものである。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、 自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、 より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

コメント

Copied title and URL