Blog

 

第一章

 

直木ちょくぼくられ、甘井かんせい

 

ー直木先伐、甘井先竭ー  莊子 山木
【荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう】

 

原文:
直木先伐、甘井先竭。
子其意者飾知以驚愚、
修身以明汚、
昭昭乎如掲日月而行、
故不免也。

 

書き下し文:
直木ちょくぼくられ、甘井かんせいく。
おもうに、かざりてもっおどろかし、
身をおさめてもっを明らかにし、
昭昭乎しょうしょうことして日月をげて行くがごとし。
ゆえまぬがれざるなり。
 

口語訳:
真っ直ぐに伸びた木はまず伐採され、うまい水のでる井戸はまず汲みつくされる。
あなたは、考えてみるのに、知識を飾り立てて愚か者をびっくりさせ、
自分の身を修めて他人の欠点をはっきりさせ、
すみずみまであきらかにし、まるで日月をかざして歩いているようなものだ。
だから災難を免れない。
 


 

意解:
樹木はまっすぐで材木に適しているものから先ず切り倒され、
井戸はうまい水の出るものからまず飲み尽くされてしまう。
人間もそれと同じこと、有用で有能な人物ほど、
つまずいて怪我をしやすい。
 
一見、無能で、目立たない生き方をしている人間のほうが、
この人生を大過たいかなく生きていけるのだという。
 
「莊子」は、「意怠いたい」という鳥の例を引いている。
この鳥は、バタバタと羽ばたくだけで見るからに無能そうである。
他の鳥に引きずられてようやく飛びあがり、
尻を叩かれてやっとねぐらに帰ってくる。
進むときは先頭に立とうとせず、退くときにもしんがりを
つとめようとしない。
餌を取るときも決して先を争わないので、
仲間はずれにされることもなく、
危害を加えられることもないのだという。
 
人を責めず、人からも責められない。
そんな控え目な生き方がもっともよいのだという。
一面の真理かもしれない。
 
宋名臣言行録にも「韜晦して圭角を露すなかれ」と
忠告している。

韜晦とうかい:自分の才能を隠す

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 63,865 アクセス

最近の投稿

アクセス解析